和歌と俳句>>俳句

椎本才麿

笹竹の窓にはひこむぬかご哉

はつ茸や妹にくはせん草結び

やはらかにふくさ折つたり雪曇り

竹の戸に炭鋸を道具哉

炉開きの里初富士おもふあしたかな

雪竿をいづくにたてて見る山ぞ

糸を見ぬ鏡に千代の綿子かな

落葉をくだくや納豆打つ寒夜

亥の子の夜几下にかかる小袖かな

皹やほそ谷川は石高み

風の駒雲の車や神送り

お火焼や塵にまじはる箒の神

かみ声を引出しけり小前張

むつまじや追儺の宵の人の声

はし鷹や跡も尋る智仁勇

青首やおなじ緑の菜摘川

水凝てなく星の林かな

鴛鴦の胸迄赤きよそひ哉

寝て起て鰤売声を淋しさの果

帰り咲や狐川より志賀の花

冬ぼたん手をあたたむる茶碗かな

日の本の人の多さよ年のくれ

勝手より子の這て出るとしのくれ

行年の道はありけり橋あらひ

芭蕉 素堂 其角 嵐雪 去来 丈草 凡兆 史邦 杉風 荷兮 曾良 路通 越人 土芳 野坡 支考 許六 浪化 惟然 北枝 涼菟 千代女 也有 太祇 蕪村 暁台 几董 召波 白雄 青蘿 一茶
俳句 春の季語 夏の季語 秋の季語 冬の季語 短歌 歌枕
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
和歌と俳句