椎本才麿

猫の子に嗅れて居るや蝸牛

のいづ虫明の瀬戸桜貝

浮鮎をつかみ分けばや水の色

鮨桶やまだ石走る滝津鮎

しら雲を吹尽したる新樹かな

佗斎が芦の丸やへ若葉風

桐の花一しなありし木立哉

衿うらのはじめて赤し花石榴

菴しめよ蜜柑の花に郭公

竹の子のひとよひとよと都哉

美しい皺を見せけりけしの花

咲ばふる雨のきたいか鉄線花

麻から売帰る足にて安く候

青梅に天ぎる雪や砂糖漬

苗取に男追ゆる小町かな

麦の葉に慰行や小山伏

麦の穂の筆を染るや御門外

秋たつや水をへだてて松のかげ

夜寒さぞ裏壁つけぬきりぎりす

けふと成て兎かくれぬ峯の雲

新月は角に肉あるひかりかな

秋しぐれ今や田を守小屋がくれ

けふぞ海竜灯消し油皿

松原に稲を干したり鶴の声

雲の端に二日の月や小鳥網

芭蕉 素堂 其角 嵐雪 去来 丈草 凡兆 史邦 杉風 荷兮 曾良 路通 越人 土芳 野坡 支考 許六 浪化 惟然 北枝 涼菟 千代女 也有 太祇 蕪村 暁台 几董 召波 白雄 青蘿 一茶
俳句 春の季語 夏の季語 秋の季語 冬の季語 短歌 歌枕
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 土佐日記 伊勢物語 古今和歌集 後撰和歌集 源氏物語の中の短歌 千載和歌集 新古今和歌集 大鏡 方丈記 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図 旅行案内