和歌と俳句>>俳句

榎本其角

ひよどりや赤子の頬を吸時に

大絃はさらすもとひに落る雁

鈴虫や松明さきへ荷はせて

澄む月や髭をたてたる

酒さびて螽やく野の草紅葉

蜻蜒のくるひしづまる三ケの月

折釘にかつらや残る秋の蝉

下紅葉荏の実をはたく匂かな

生栗を握りつめたる山路哉

萩すりや傘すかす昔鞍

化野や焼玉黍の骨ばかり

清滝や渋柿さはす我心

鶏頭や松にならひの清閑寺

鬼灯のたぐひなす身や竜田姫

菊紅葉鳥辺野としもなかりけり

水鼻にくさめなりけり菊紅葉

重箱に花なき時の野菊

うらがれや馬も餅くふうつの山

生棉取る雨雲たちぬ生駒山

みぞ萩や分限に見ゆるされかうべ

庭鳥の卵うみすてし落穂哉

粟飯の焦て匂ふや霜の声

横雲やはなればなれの蕎麦畑

松の香は花とふく也さくら茸

宗鑑 貞徳 季吟 宗因 来山 言水 才麿 鬼貫 芭蕉 素堂 嵐雪 去来 丈草 凡兆 史邦 杉風 荷兮 曾良 路通 越人 土芳 野坡 支考 許六 浪化 惟然 北枝 涼菟 千代女 也有 蕪村 召波 暁台 白雄 太祇 几董 青蘿 一茶
俳句 春の季語 夏の季語 秋の季語 冬の季語 短歌 歌枕
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
和歌と俳句