和歌と俳句

秋の日

茂吉
谷あひの 杉むら照らす 秋の日は かの川しもに 落ちゆくらむか

澄みそめて水瀬のしぶく秋日かな 蛇笏

石橋や秋日のほめく杖のさき 蛇笏

山寺の掃かれてきよき秋日かな 月二郎

秋の日や草臥れ足の一葉ふむ 蛇笏

尼ごぜのつむりのあをき秋日かな 淡路女

飄として尊き秋日一つかな 蛇笏

旅人に秋日のつよし東大寺 蛇笏

たちいでて身にしみじみと秋日かな 蛇笏

秋の日のの上より射し来る 立子

滝つぼに下りて見上ぐる秋日かな 立子

煙なき甲斐國原の秋日かな 蛇笏<

吟行の秋日にかざす句帖かな 淡路女

憩ひつつ秋日のもとに言すくな 悌二郎

秋の日の落つる陽明門は鎖さず 青邨

羊たち秋落日に尻をむけ 青邨

甦りくるもののあり秋の日に 鷹女

肉親をおもふはさみし秋の日に 鷹女

秋日射し骨の髄まで射しとほし 鷹女

病室の秋日は疾くに陰るらし 汀女

仔の馬の足掻けり親に澄む秋日 秋櫻子

仔の馬の親に添ひつつ澄む秋日 秋櫻子

雲騰り岩肌の峰に秋日燃ゆ 秋櫻子

木のかげが舗道をかざり秋日落つ 波郷

秋日燃え落つる市電に立疲れ 波郷

秋日没る五階にありて立眺め 波郷

秋の日の裸身あゆめる朝一瞬 波郷

秋日闌け金糸雀呆と糞まりぬ 波郷

直帰る秋日の艫にうづくまり 波郷

わがゆあみ秋日があふれ湯が溢る 悌二郎

秋日さすへへのの文字の吾子の文字 汀女

母に秋日はらから吾等寄り集ひ 鷹女

英霊の父かも大き掌に秋日 鷹女

遺族ゆくひとりひとりの背に秋日 鷹女

父こひし草山秋の日を湛へ 鷹女

さらさらと風たつ笹の秋日かな 麦南

会へば誓子秋日にかざす手の白さ 楸邨

爛れたる秋日を西に羊飼ひ 静塔

秋日負ひ唐寺の朱門目頭に 友二

華僑区に些異も翳りの秋日かな 友二

広縁や秋日に透ける猫の耳 占魚