和歌と俳句

向島

夕立や田を三囲りの神ならば 其角

すずしさや蔵の間より向島 白雄

土手三里花をはなれぬ月夜哉 子規

見に行くや野分のあとの百花園 子規

左千夫
とりどりに色あはれなる秋草の花をゆすりて風ふき渡る

左千夫
秋草の千ぐさの園にしみ立て一むら高き八百蓼の花

左千夫
秋くさの千ぐさの園に女郎花穂蓼の花とたかさあらそふ

園丁の指に従ふ春の土 虚子

煤掃やうつりうつりて向島 万太郎

水鳥や紺屋の池も向島 万太郎

春めきし水を渡りて向島 虚子

枯蔓をもがき抜けたる鶲かな 秋櫻子

水仙に来る客ありて茶のけむり 秋櫻子

冬ざれや鶲あそべる百花園 秋櫻子

柴門や詣でじまひの福禄寿 秋櫻子

法師蝉ばかりの昼や百花園 みどり女

抱一の植ゑし侘助今に尚 みどり女

夕顔も行灯も白き夕まぐれ 青邨

もうやまぬ雨となりたる月見かな 立子

百花園春の七草籠に盛り 青邨

立ち枯るゝものなつかしや百花園 青邨

昼前に落葉掃きしと百花園 立子

茂吉
もも草の花さきちるをこの園にまのあたり見てゆきかへりつつ

茂吉
丈のびし紅虎杖の一群を古へ人のごとく愛でつも

茂吉
この園の白銀薄たとふれば直ぐに立ちたるをとものごとし

茂吉
にごり江に睡蓮も過ぎ百草のこの花園に秋さびむとす

茂吉
さるすべりの老い立てる木にくれなゐの散りがたに咲く花を惜しみつ

咲きそめて百花園にも花多し 立子

茴香の夕月青し百花園 茅舎

百花園もとより浸り秋出水 万太郎

枯れ果てしものの中なる藤袴 虚子

ゆく春の園のはなてるひかりかな 万太郎

一めんのすゝきの枯れや百花園 万太郎

長命寺

桜餅食うて抜けけり長命寺 虚子

甘酒や土手からのぞく長命寺 茅舎

寒む空や長命寺彼のさくらもち 万太郎

桜餅これよ長命寺桜餅 青邨

長命寺裏の日盛り梅酒のむ 波郷

若菜野や八つ谷原の長命寺 波郷

長命寺の尾長鳥けふ来ず実南天 波郷


東京 銀座 歌舞伎座 新橋演舞場 日本橋 明治座 本郷 湯島天神 六義園 団子坂 神田 丸の内 日枝神社 ニコライ堂 上野 上野動物園 寛永寺 根岸 不忍池 池の端 浅草 隅田川 多摩川 武蔵野
葛飾 真間 印旛沼 九十九里 手賀沼
川崎 横浜 横須賀 三浦 城ヶ島 葉山 江ノ島 大磯 鴫立沢 鎌倉 由比ヶ浜 稲村ヶ崎 鎌倉大仏 長谷寺 鶴岡八幡宮 円覚寺 瑞泉寺 東慶寺 英勝寺 建長寺 寿福寺 円応寺 明月院 杉本寺 足柄山 箱根山