和歌と俳句

種田山頭火

前のページ< >次のページ

晴れて遠く阿蘇がまともにまつしろ

に焼かれる魚がうごいてゐる

ふる、売らなきやならない花をならべる

霙ふるポストへ投げこんだ無心状

に明るく灯して母子です

凩のラヂオをりをりきこえる

凩、餅がふくれあがる

日向ぼつこする猫も親子

ホウレン草の一把一銭ありがたや

小春日、仏像を買うて戻つた

二つ、けふのいのち

木枯やぼうぼうとしてゐる

よろめくや寒空ふけて

夫婦喧嘩もいつしかやんだ寒の月

寒空、別れなければならない

いちにちいちりんの水仙ひらく

握りしめるその手のヒビだらけ

ラジオ声高う寒夜へ話しかけてゐる

逢ふまへのたんぽぽ咲いてゐる

ここに住みなれてヒビアカギレ

ふるさとを去るけさの髯を剃る

旅から旅へ山山の雪

ここからは筑紫路の枯草山

うしろすがたのしぐれてゆくか

しぐれて反橋二つ渡る

右近の橘の実のしぐるるや

大樟も私も犬もしぐれつつ

街は師走の売りたい鯉を泳がせて

師走のゆききの知らない顔ばかり

しぐれて犬はからだ舐めてゐる

越えてゆく山また山は冬の山

枯草に寝ころぶやからだ一つ