和歌と俳句

雲雀

家の上に雲雀鳴きけり町はづれ 子規

落ち行けば隣のくにや揚雲雀 子規

から臼に落て消たる雲雀哉 子規

鳴く雲雀帝座を目懸かけ上る 漱石

物草の太郎の上や揚雲雀 漱石

筵帆の真上に鳴くや揚雲雀 漱石

風船にとまりて見たる雲雀哉 漱石

落つるなり天に向つて揚雲雀 漱石

子規
菜の花に日は傾きて夕雲雀しきりに落る市川の里

子規
うらうらと春日さしこむ鳥籠の二尺の空に雲雀鳴くなり

子規
野の空の夕暮寒み風荒れて武蔵の雲雀下総に落つ

子規
春風の利根のわたりに舟待てば雲雀鳴くなり莚帆の上に

雲雀の句野に住む人の所望かな 碧梧桐

埒越えて飛ぶ馬もあり鳴く雲雀 碧梧桐

牧水
眼とづるはさびしきくせぞおほぞらに雲雀啼く日を草につくばひ

伊勢大観宣長山や鳴く雲雀 碧梧桐

鳴く雲雀宮を三巻の縄綯へり 碧梧桐

夕尚あがる雲雀のある許り 虚子

雲雀あがるあがる土踏む足の大きいぞ 亞浪

嵐やみしだるき空うつろ鳴く雲雀 山頭火

雲雀落つ谷底の草平らかな 亞浪

焼野より光り揚れる雲雀かな 石鼎

荒海の岬の空の雲雀かな 喜舟

かざす手の血の色ぞよき啼く雲雀 亞浪

夕土の昏き文目や落雲雀 青畝

揚雲雀雀は桑をあちこちす 泊雲

水辺ゆく心ひろしも鳴く雲雀 亞浪

信念のもえ出づるとき揚雲雀 石鼎

いみじくも見ゆる雲雀よ小手のうち 爽雨

種蒔くに空深く鳴く雲雀かな 月二郎

山風にながれて遠き雲雀かな 蛇笏