和歌と俳句

雲雀

茂吉
声しげき雲雀のこゑは中空に聞きつつぞ行く黄なる蘆はら

郵便の疎さにも馴る雲雀飼ふ しづの女

籠雲雀に街衢の伏屋の明け暮るる しづの女

雲雀鳴けり荒磯の径をゆきければ 秋櫻子

風搏てる麦生に居りて鳴く雲雀 秋櫻子

揚雲雀おちくる淀は波たてり 草堂

初雲雀風つよければ草になく 楸邨

風吹いて山地のかすむ雲雀かな 蛇笏

上へ上へとあがる雲雀や谷間より 石鼎

耳二つ雲雀を聴いてゐるじつと 鷹女

健康なおのれを得たり雲雀野に 鷹女

うろくづにゆふべがくるよひばりにも 鷹女

松原に家あり四方の揚雲雀 たかし

雲雀みな落ちて声なき時ありぬ たかし

昼の空けだるくもある揚雲雀 占魚

雲雀舞ひ列車は兵をあふれしむ 鷹女

雲雀鳴くまぼろしは濃き蒼穹に 鷹女

ばんざいのこゑ湧き沈み野は雲雀 鷹女

戦ひを思ふ雲雀野ゆくときも 鷹女

かなしみに女は耐ふべし雲雀鳴く 鷹女

家を出て心あてなし揚雲雀 占魚

高原のみちゆく母子雲雀啼く 蛇笏

まひよどみおほながれしてひばりなく 蛇笏

日輪にきえいりてなくひばりかな 蛇笏

上りつめうしろさがりにひばりなく 蛇笏

ひばり啼き富士雲隠る湖畔みち 蛇笏

霽雲に富士は藍青ひばりなく 蛇笏

雲に啼き西湖にうつるひばりかな 蛇笏

雲雀なく越の山風ふきはるゝ 占魚

瞑目や雲雀二つの声もつる 草田男

雲雀鳴く病のふしどあげしより 占魚

きのふにもいまごろありし雲雀かな 万太郎

枯蘆の青める中ゆ雲雀あがる 林火