和歌と俳句

阿波野青畝

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

天瓜粉に笑むや二つのさきがけ歯

一抹に長き雲の朱夏芭蕉

長雨のあとの風寒麦の秋

コスモスや二戸相倚れる柿葺

緋の欅畳にあそび枯木宿

白ふぐりつけて駆りぬ冬木犬

口開いて矢大臣よし初詣

畑打つや土よろこんでくだけけり

入学児胸呑ませ穿く長袴

壷焼きや障子砂風に飛ばむばかり

ちらちらと家並つづきや東風の藪

提灯に水おとなしき代田かな

夕土の昏き文目や落雲雀

掛梁へ上下する雑魚たのもしき

星掛て地にうす影や花樗

新縄やにかけたのもしき

鴟尾今日の日を失へば夕牡丹

市の城夜寒く松のかたまりて

秋晴や医者通ひしてあるき読み

秋雨や二つ見出でて峡の鳶

秋雨や火の下出でし夕芥火

墓の頭へ露樹間遠に落雫

せきれいや渚を消えて又居れり

早紅葉はさまる森となりにけり

白萩の枝をながれて咲きそめし

今朝からの日和うしなふ時雨かな

刺生きて交れる茎や枯葎

玉霰くぐるばかりや枯いばら