和歌と俳句

北風

溶鉱炉火気の高みに人と北風 草田男

北風に窓閉づ蓄へ乏しからん 不死男

獄門を出て北風に背を押さる 不死男

北風や獄出て道路縦横に 不死男

わが影の髪乱れつつ北風を行く 波津女

北風のこの崖にきて逆まける 占魚

退避するひとごゑ北風の垣曲る 林火

燃えさかる火中の北風をまざと見ぬ 林火

北風をくぐれる水の早さかな 汀女

北風いそぐやひとをあざむき了せたり 林火

北風に重たき雄牛一歩一歩 三鬼

北風に牛角を低くして進む 三鬼

北風が額を打つて余りに酷 三鬼

北風を来しとは誰も語らずに 汀女

北風の奪へる声をつぎにけり 汀女

北風に眉引きいのち死なざりき 鷹女

北風高し尼僧の穿きて木靴鳴る 蛇笏

疲れゐる身に北風はみじめすぎ 立子

北風にまむき歩きて目に泪 立子

北風のここに一羽の鸚鵡飼ふ 鷹女

窟作りこんぶのやうな北風を塗り 鷹女

北風去つて欅の樹瘤微熱もつ 鷹女

北風すさび納め納めと何やかや 万太郎

北風やあるひは赤き蟹の足 万太郎

夕北風一きは月のほそりかな 万太郎

墓にあげて北風に交はる二燭の火 不死男

北風にまむき歩きて目に泪 立子



初雪 初氷 寒さ 冬木立 枯木 冬枯 枯尾花 冬の山 枯野 みそさざい 都鳥 千鳥 冬の海 河豚 海鼠 冬ごもり 埋火 囲炉裏 焚火 炬燵 暖炉 火鉢 火桶 湯たんぽ 風邪 蒲団 マスク 襟巻 手袋 足袋 日向ぼつこ 北風 寒風 冬の雨 冬の月 冬至 柚湯 クリスマス 師走 年の市 煤払い 年忘れ 餅つき