和歌と俳句

種田山頭火

前のページ< >次のページ

泣きつ祈る人の子に落葉そそぐかな

蜜柑山かがやけり児らがうたふなり

落葉やがてわが足跡をうづめぬる

雪をよろこぶ児らにふるうつくしき

風つめたしはろかにまろびゆくものは

枯草ふかう一すぢの水湧きあがる

しくしくと子が泣けば落つる葉のあり

冬木立人来り人去る

雪やみけり一列の兵士ただしく過ぐ

あてもなくさまよふ路の墓地に来ぬ

なつかしやふるさとの空雲なけれ

庭木ほのかな芽をふいて人あらず

かなしき事のつづきて草が萌えそめし

木の芽さびしや旅人の袖に触れけり

ひとりとなれば仰がるる空の青さかな

いさかへる夫婦に夜蜘蛛さがりけり

兵営のラッパ鳴るなりさくら散るなり

若葉若葉かがやけば物みなよろし

泣く子叱る親の声暗き家かな

蚊帳の中なる親と子に雨音せまる

重荷おろす草青々とそよぎをり

打つてさみしさの蠅を見つめけり

炎天の街のまんなか鉛煮ゆ

夜店の金魚すくはるるときのかがやき

暑さきはまる土に喰ひいるわが影ぞ