河東碧梧桐

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13

冬空や舟行の果に日暮るる

冬空や津軽根見えて南部領

冬空や下に黄渋の濃き田かな

苔青き踏むあたりにも霜柱

秀衡と芭蕉君にも寒さかな

人首と書いて何と読む寒さかな

火の映る北上氷りそめにけり

山の池の緑に薄きかな

埋れ木を掘る里人の小春かな

北風や磧の中の別れ道

寺絶えてただに尖れり冬の山

戒律の山門外や枯茨

北風に魚塩の便りなかりけり

枕辺に積む雪奇しく目覚めけり

門の雪いつ繋ぎけん馬のをる

一廓の灯や渓の雪発電所

水道の氷熊手掻く旦かな

盗まれし牛の訴訟や冬籠

雪除をする日水鳥晴れて見ゆ

茶店とも酒保とも雪の一軒家

首綱で犢引き来る深雪かな

雪チラチラ岩手颪にならで止む

日頃通ふ駄馬米を積む小春かな

この道に寄る外はなき枯野かな

野は枯れて目にしるき山や噴火烟

子規 漱石 龍之介 碧梧桐 虚子 鬼城 泊雲 山頭火 普羅 放哉 風生 水巴 蛇笏 月二郎 みどり女 石鼎 喜舟 しづの女 かな女 万太郎 犀星 久女 淡路女 青邨 秋櫻子 素十 夜半 麦南 悌二郎 鷹女 多佳子 青畝 耕衣 茅舎 汀女 三鬼 草田男 不死男 誓子 草城 爽雨 不器男 立子 林火 楸邨 静塔 鳳作 たかし 波郷
俳句 春の季語 夏の季語 秋の季語 冬の季語 短歌 歌枕
おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
和歌と俳句