和歌と俳句

夏目漱石

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

むつかしや何もなき家の煤払

煤払承塵の槍を拭ひけり

懇ろに雑炊たくや小夜時雨

夜や更ん庭燎に寒き古社

客僧の獅噛付たる火鉢

冬の日や茶色の裏は紺の山

冬枯や夕陽多き黄檗寺

あまた度馬の嘶く吹雪哉

嵐して鷹のそれたる枯野哉

静なる殺生なるらし網代守

くさめして風引きつらん網代守

焚火して居眠りけりな網代守

河豚汁や死んだ夢見る夜もあり

亡骸に冷え尽したる煖甫

あんかうは釣るす魚なり縄簾

落付や疝気も一夜薬喰

乾鮭と並ぶや壁の棕梠箒

魚河岸や乾鮭洗ふ水の音

本来の面目如何雪達磨

仲仙道夜汽車に上る寒さ哉

西行の白状したる寒さかな

温泉をぬるみ出るに出られぬ寒さ哉

本堂は十八間の寒さ

愚陀佛は主人の名なり冬籠

情けにはごと味噌贈れ冬籠