和歌と俳句

夏目漱石

4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14

口切や南天の実の赤き頃

口切にこはけしからぬ放屁哉

吾妹子を客に口切る夕哉

花嫁の喰はぬといひし亥の子哉

到来の亥の子を見れば黄な粉なり

水臭し時雨に濡れし亥の子餅

枯ながら蔦の氷れる岩哉

湖は氷の上の焚火

筆の毛の水一滴を氷りけり

井戸縄の氷りて切れし朝哉

水仙の葉はつれなくも氷哉

に牛怒りたる縄手哉

冬ざれや青きもの只菜大根

山路来て馬やり過す小春

橋朽ちて冬川枯るる月夜哉

蒲殿の愈悲し枯尾花

凩や冠者の墓撲つ落松葉

山寺や冬の日残る海の上

古池や首塚ありて時雨ふる

穴蛇の穴を出でたる小春

空木の根あらはなり冬の川

納豆を檀家へ配る師走

からつくや風に吹かれし納豆売

榾の火や昨日碓氷を越え申した

梁山泊毛脛の多き榾火哉