和歌と俳句

夏目漱石

4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14

行年や仏ももとは凡夫なり

大粒なにあひぬうつの山

いそがしや霰ふる夜の鉢叩

山茶花の垣一重なり法華寺

行く年や膝と膝とをつき合わせ

雪深し出家を宿し参らする

茶煙禅榻外は師走の日影哉

うつむいて膝にだきつく

半鐘とならんで高き冬木

先生や屋根に書を読む煤払

雨に雪霰となつて寒念仏

雪洞の廊下をさがる寒さ

水かれて轍のあとや冬の川

に早鐘つくや増上寺

谷の家竹法螺の音に時雨けり

水青し土橋の上に積る雪

見て行くやつばらつばらに寒の梅

静かさは竹折る雪に寐かねたり

武蔵野を横に降る也冬の雨

御天守の鯱いかめしき霰かな

一つ家のひそかに雪に埋れけり

疝気持雪にころんで哀れなり

源蔵の徳利をかくす吹雪哉

したたかに饅頭笠の霰哉

冬の雨柿の合羽のわびしさよ