和歌と俳句

古今和歌集

巻二十

大歌所御歌

大直毘のうた
あたらしき年の始に かくしこそ 千歳をかねてたのしきをつめ

ふるき大和舞のうた
しもとゆふ葛城山にふる雪の まなく時なくおもほゆるかな

近江ぶり
近江より朝たちくれば うねの野にたづぞ鳴くなる 明けぬこの夜は

みづぐきぶり
水ぐきの岡のやかたに妹と我とねての朝けの霜のふりはも

しはつ山ぶり
しはつ山うちいでて見れば かさゆひの島こぎ隠る 棚なしをぶね

神遊びのうた

とりもののうた
神垣のみむろの山のさかき葉は 神のみ前にしげりあひにけ り

とりもののうた
霜やたびおけどかれせぬさかき葉の たちさかゆべき神のきねかも

とりもののうた
まきもくのあなしの山の山人と人も見るがに山かづらせよ

とりもののうた
み山には霰ふるらし 外山なるまさきのかづら色づきにけり

とりもののうた
みちのくの安達のまゆみ わがひかば末さへよりこ し のびしのびに

とりもののうた
わが門の板井の清水 さととほみ人しくまねば 水草おひにけり

ひるめのうた
ささのくまひのくま河に駒とめてしばし水かへ かげをだに見む

かへしもののうた
青柳を片糸によりて鶯の縫てふ笠は 梅の花笠

かへしもののうた
まがねふく吉備の中山帯にせる細谷川の 音のさやけさ

かへしもののうた
美作や久米の佐良山 さらさらにわが名は立てじ よろづよまでに

かへしもののうた
美濃のくに関の藤川 絶えずして君につかへむ よろづよまでに

かへしもののうた
君が世は限りもあらじ 長浜の真砂のかずはよみつくすとも

かへしもののうた 大伴くろぬし
近江のや鏡の山をたてたればかねてぞ見ゆる 君が千歳は