和歌と俳句

昼寝 午睡

探しても妻の居らざる昼寝ざめ 草城

魂の抜けはててゐる昼寝かな 立子

昼寝して覚めて乾坤新たなり 虚子

吾子の呼気をかおる吸気に共昼寝 草田男

昼寝せるとき魔性のものたかる 誓子

耐えがたく昼寝ころりと家の妻 静塔

石垣のごとくひつそり友の昼寝 静塔

寝がへりて山遠のきし午睡かな 爽雨

蝉瀬音いま一すじに昼寝とる 爽雨

遠雷に代れる発破ひるね覚 爽雨

ふかぶかと藪に眼をやり昼寝さめ 爽雨

大昼寝して次の間の話し声 虚子

一切を放擲し去り大昼寝 虚子

客去りて客来るまでの昼寝かな 草城

松の幹咫尺に太し昼寝覚 風生

客人に昼寝すすめてゐてねむし 立子

昼寝覚凹凸おなじ顔洗う 三鬼

餘命いくばくもなき昼寝むさぼれり 万太郎

高浪にのまれてさめし昼寝かな 万太郎

子猿呼ぶ声にうとうと昼寝ざめ 立子

旅のあと昼寝に生を養へり 林火

佛壇の前の昼寝や帰省のごと 林火

林泉に足の裏向け昼寝せる 誓子

昼寝寺欄間に浪の逆巻ける 誓子

僧坊の昼寝牡丹を夢にせる 林火

残されてうすくらがりに昼寝人 林火