杉山杉風

月ひとり家婦が情のちろり哉

野の によごれし足を洗けり

鐘の音物にまぎれぬ秋の風

がつくりとぬけ初る歯や秋の風

みるうちに畔道ふさぐ刈穂哉

稲刈のあいのはやしや高笑ひ

燈をほそめ寐つけばひびく

月更て は寐言の相手哉

とんぼうをとまりつかせぬ尾花かな

寺の庭黄なる木の葉にもの書む

手をかけて折らで過ぎ行く木槿かな

影ちるや葛の裏葉の三日の月

しら萩やなを夕月のうつりぎは

風のたび道付替るすすきかな

菊畑おくある霧のくもり哉

川沿ひの畠をありく月見かな

朝顔や其の日其の日の花の出来

名月や梢の鳥は昼の声

月見るや庭四五間の空のぬし

天の川色絵の扇ながさまし

門の畑よるの枝折や蕎麦の花

草刈よ馬に喰するをみなへし

かれがれやのべの冬瓜の独ぬる

秋も末月も細きを後の影

しぐれづく雲にわれたる入日哉

秋さむし鳶の三輪も水のかげ

宗鑑 貞徳 季吟 宗因 来山 言水 才麿 鬼貫 千代女 也有 蕪村 召波 暁台 白雄 太祇 几董 青蘿 一茶
俳句 春の季語 夏の季語 秋の季語 冬の季語 短歌 歌枕
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 土佐日記 伊勢物語 古今和歌集 後撰和歌集 源氏物語の中の短歌 千載和歌集 新古今和歌集 大鏡 方丈記 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
お得区案内図 旅行案内