和歌と俳句

山口誓子

紅きもの枯野に見えて拾はれず

除夜零時過ぎてこころの華やぐも

正月の太陽襁褓もて翳る

喞筒の井輪飾かけて深し深し

年礼に来し木匠の木の香する

金石の音して独楽の社前駆く

水枕中を寒柝うち通る

寒風のぶつかりあひて海に出づ

しきり海苔場にはなほひと残る

雪すべてやみて宙より一二片

往き逢ひしときより枯野又遠し

春暁の此岸彼岸自転車ゆく

遠くよりわづかの巣藁咥へ来し

身を舐めて恋の猫ゐる海の濱

生きてまた松の花粉に身は塗る

濱砂を盗むかげろふはげしとき

寝足りねば吾のみじめに春の昼

五月病むキリストのごと血の気失せ

てのひらに砂を平して五月処女

麦の秋農婦歩兵の歩みにて

麦生に立つ口の周囲の黒き髭

膝つきて金魚の池に親しめり

草の絮わがてのひらを発ち去れり

川波のひたすらなるにきりぎりす

すすみ来し空間かへす一蛍火