和歌と俳句

昼顔

昼顔に草鞋を直す別れ哉 子規

利玄
うす曇遠がみなりをきく野辺の小草がなかの昼顔の花

利玄
真昼野に昼顔咲けりまじまじと待つものもなき昼顔の花

晶子
ふるさとやわが家君が家草ながし松も楓もひるがほの花

晶子
遠方のものの声よりおぼつかなみどりの中のひるがほの花

昼顔や甘蔗畑の汐曇り 龍之介

晶子
木の下に雨を覗けりなつかしき爪の色なるひるがほの花

憲吉
潮よせて砂地ともしき築石垣にあかく震へる昼顔のはな

昼顔に猫捨てられて泣きにけり 鬼城

利玄
舟とめてわりごひらきをればしづかなり岸の萱生に昼顔は咲き

晶子
あはれともあぢきなしとも恋しとも云ひたげなりやひるがほの花

牧水
めづらしく 妻をいとしく 子をいとしく おもはるる日の 昼顔の花

晶子
砂の上網の目つくるものの蔓何ぞと引けばひるがほの咲く

昼顔や蔓とけ結び二三輪 泊雲

晶子
ひるがほは何処に見てもわが脱ぎし衣と覚えてあはれなつかし

昼顔や忽ち乾く網の渋 喜舟

昼顔の地を這うてゐる花におしまひの水流す 碧梧桐

ひる顔や利根一曲り一郡 普羅

迢空
ひるがほのいまださびしきいろひかも。朝の間と思ふ日は 照りみてり

昼顔のいきるる花のとびとびに 禅寺洞

昼顔に日はただ燬くる高麗野かな 草城

昼顔の咲いて高麗野の油照 草城

白秋
草いきれあつき日なかに汗滴り無縁の墓のうつら昼貌

白秋
日ざかりは 未だし現しき もののつや ほの肉色の 晝貌のはな

白秋
そよろと 風過ぎしとき 日中の 晝貌の花ぞ 内ら見せたる

ひるがほや河童ヶ淵に雨そそぐ 青邨

風の日の昼顔地にころがれる 泊雲

ひるがほを踏みて眺めぬ塩屋崎 普羅

濡れて歩いてしよんぼり昼顔 山頭火

昼顔のまだ小輪の咲き亘る 草田男

昼顔や小屋は次第に遠ざかる 草田男

昼顔のほとりによべの渚あり 波郷

昼顔に独りのわれは泳がなく 波郷