西行

露おもみそのの撫子いかならむ荒らく見えつる夕立のそら

みまくさに原のをすすきしがふとて臥し処あせぬと鹿思ふらん

旅人の分くる夏野の草しげみ葉末にすげの小笠はづれて

雲雀あがる大野の茅原夏くれば凉む木かげをたづねてぞ行く

ともしするほぐしの松もかへなくにしかめあはせで明す夏の夜

夏の夜は篠の小竹のふし近みそよやほどなく明くるなりけり

夏の夜の月みることやなかるらむかやり火たつる賤の伏屋は

露のぼる蘆の若葉に月さえて秋をあらそふ難波江の浦

むすびあぐる泉にすめる月影は手にもとられぬ鏡なりけり

むすぶ手に涼しきかげをそふるかな清水にやどる夏の夜の月

夏の夜も小笹が原に霜ぞ置く月の光のさえしわたれば

山川の岩にせかれてちる波をあられとぞみる夏の夜の月

影さえて月しもことに澄みぬれば夏の池にもつららゐにけり

おのづから月やどるべきひまもなく池に蓮の花咲きにけり

夕立のはるれば月ぞやどりける玉ゆりすうる蓮のうき葉に

まだきより身にしむ風のけしきかな秋先立つる深山辺の里

松風の音のみならず石走る水にも秋はありけるものを

山里はそとものまくず葉をしげみうら吹きかへす秋を待つかな

みそぎしてぬさきりながす河の瀬にやがて秋めく風ぞ凉しき

遍昭 業平 小町 道真 素性 千里 敏行 元方 忠岑 是則 友則 貫之 躬恒 定文 兼輔 宗于 興風 深養父 伊勢 敦忠 清正 兼盛 元輔 朝忠 信明 中務 能宣 好忠 重之 恵慶 長能 道済 公任 実方 赤染衛門 紫式部 和泉式部 能因 伊勢大輔 相模 経信 匡房 顕季 俊頼 基俊 顕輔 忠通 頼政 清輔 俊惠 俊成

崇徳院 寂蓮 兼実 式子内親王 長明 慈円 有家 家隆 定家 良経 実朝 良寛 曙覧
短歌 歌枕 俳句 春の季語 夏の季語 秋の季語 冬の季語
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
和歌と俳句