和歌と俳句

臼田亞浪

秋もはや墓門の萩の散りがてに

軍絵の廻り燈籠売れにけり

林中の宮に燈ともる野分かな

迎火の燃えうつりたる芒かな

秋海棠水引草の露けしや

街の燈の一列にうごくなり

秋の燈の白さ人形つくりをり

栂風も添ふ山鳴りやの中

野来てうしろになりし水音かな

畑人に鳥影落つるすすきかな

炬火照らしゆく霧原の水音かな

新涼や一ト日鎖す戸の虫鳴いて

宵月の出汐のはずみ来し

祖母在ますごとに灯籠を吊りにけり

墓起す一念草をむしるなり

初嵐穂蘆の外に鰡飛んで

垂れ毛虫皆木にもどり秋の風

影富士の消えゆくさびしさ花芒

山風の涼しさ過ぎぬ満つる月

話声奪ふ風に野を行く天の川