和歌と俳句

種田山頭火

前のページ< >次のページ

青田おだやかな風が尾花のゆるるほど

秋暑く何を考へてゐる

まへもうしろもつくつくぼうしつくつくぼうし

こほろぎよあすの米だけはある

星がまたたく山こえて踊太鼓の澄んでくる

家を持たない秋がふかうなるばかり

濡れて涼しく晴れて涼しく山越える

いつもひとりでながめる糸瓜ながうなる

秋空へ屋根葺きあげてゆく

水くんであほぐや雲は秋のいろ

ゆふざればトマト畑でトマト味ふ

さびしうなつてトマトをもぐや澄んだ空

虫も食べる物がない本を食べたか

這うてきて虫がぢつと考へてゐる

みちは露草のつつましい夜明け

さかのぼる水底の秋となつてゐる

けふのおひるは草にすわつてトマトふたつ

昼寝のびやかだつたよ山とんぼ

昼顔も私も濡れて涼しうなつた

さいてそこからなんとうまい水

山寺のしづけさは青栗もおちたまま

おべんたうたべてゐるまうへつくつくぼうし

旅のつかれもほつかりと夕月

月が山の端に安宿のこうろぎ

旅も月夜の、おとなりのラヂオが泣いてゐる