和歌と俳句

この森や塒騒ぎへ虫時雨 草田男

草に生れ土に生れたる虫の声 虚子

虫鳴いて万の火花のしんの闇 三鬼

虫のこゑベッド鉄脚つつぱつて 多佳子

うちそとに虫の音満ちて家消えぬ 三鬼

蟲の声月よりこぼれ地に満ちぬ 風生

曼荼羅の虫の音崖の下に寝て 多佳子

千の虫鳴く一匹の狂い鳴き 鷹女

骨透いて虫よ不眠の夜が来る 鷹女

残る音の蟲や嵯峨野に母を欲り 不死男

遅く着く人蟲しぐれ乱すなし 林火

蟲の声鬨をつくりてさしひきす 風生

怒濤音砂丘の虫の声揺らす 悌二郎

ま近にて遠きひとをり虫の闇 悌二郎

宵の蟲餉には起きくる病妻に 爽雨

ゆく方なきごと寝に分れ蟲の坊 爽雨

登り窯休みて昼の蟲内外 爽雨

歎異抄閉づれば小夜の虫の声 青畝