和歌と俳句

妻死んで虫の音しげくなりし夜ぞ 亞浪

なく蟲のたゞしく置ける間なりけり 万太郎

蟲の音のまつはる髪を梳き梳ける 鷹女

虫鳴いて石のいのちのしづかなる 草城

仔馬ハタと転び寝入りぬ虫の声 草田男

天蓋のきらめき虫音四方に満つ 林火

眠おそろし急調の虫の唄 三鬼

虫の音に浮き沈みする庵かな 虚子

蟲時雨わが哭くこゑもその中に 鷹女

頬を掌におきてしんじつ蟲の夜 蛇笏

かんばせの端に耳たぶ虫を聞く 青畝

家に居て聞こゆる蟲をききに出づ 風生

二度とあの小唄のきけず蟲の秋 万太郎

大いなる耳に大き手蟲を聞く 爽雨

もたれよる柱背を打ち蟲の闇 爽雨

蟲の音のあつまるところ空にあり 爽雨

風に乗るなごりの蟲の声ばかり 爽雨

蟲しぐれ時世のながれ停るなし 蛇笏

妹は背に蟲の音きゝていま厨 万太郎