和歌と俳句

阿波野青畝

今宵よりはじまる月夜芙蓉閉づ

びたりして瑠璃光の伽藍かな

朝夕がどかとよろしき残暑かな

秋風の柱をつつむ払子かな

追ひながら尼の秋の蚊物語

臘八や雪をいそげる四方の嶺

時刻来てともる燈台冬の雲

陶工と倶に晩餐冬ごもり

初凪の小舟に会ひぬ響灘

従順に杭打ちこまれ梅の花

北窓を開け父の顔母の顔

風花の我より君に逃ぐるあり

足音がかたまつて来る寝釈迦かな

美しき印度の月の涅槃かな

降りしらみ忽ち雪の涅槃寺

ミサの鐘すでに朝寝の巷より

飄飄と那智や霽れむとす

黄凋の那智川沿ひの竹の秋

激流を鮎の竿にて撫でてをり

緑蔭の石截るひびき繰りかへし

緑蔭の城址の粗密まのあたり

古城址に神鳴雲の立迷ひ

涼しさや鳶笛ならふ師団址

のびちぢみしてのびてゆく浪涼し

梅干すや折焚く柴に笊ながら

ほの赤き塩こぼれ日日梅を干す