和歌と俳句>>俳句

小西来山

我年を花にたしけり菊作

年なえのけふそ菊の瀬酒の淵

菊の淵年経てぬしに角もなし

唐がらし茄子にあけも奪れず

秋たつやはじかみ漬もすみきつて

稲妻に負ず実の飛ぶ蓮かな

僧ひとり師走の野道梅の花

お奉行の名さへ覚へずとしくれぬ

としの瀬や漕ず楫せず行ほどに

揉にもむ歌舞妓の城や大晦日

干網に入日染つつしぐれつつ

鑓買てもどるに寒きしぐれ哉

松吹て横につららの山辺かな

人の世の人の仮寝や置ごたつ

火桶売おのれが老は覚む歟

目ばかりは達磨に負じ冬籠り

顔見世や戻りにそしる雪の寸

年のいそぎ書とむなしや只の状

浅ましやまだ十月の暦うり

更行や紙衣に見ゆる老のわざ

ひとり寝や幾度夜着の襟をかむ

此いとし身をしかられて薬喰

何の木ととふ迄もなし帰花

冬大根俵の中で芽出しけり

芭蕉 素堂 其角 嵐雪 去来 丈草 凡兆 史邦 杉風 荷兮 曾良 路通 越人 土芳 野坡 支考 許六 浪化 惟然 北枝 涼菟 千代女 也有 太祇 蕪村 暁台 几董 召波 白雄 青蘿 一茶
俳句 春の季語 夏の季語 秋の季語 冬の季語 短歌 歌枕
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
和歌と俳句