和歌と俳句>>俳句

小西来山

慈姑に目をつくまでの端居かな

色に香に江戸せぬ武士や花いばら

ものいはば人はけぬべし白ぼたん

濁らずばなれも仏ぞしやがの花

一棒に角落しけり坊主麦

川ざこや紫くぐる茄子汁

聞なれて今はさもなしなすび買

古沓やくだいて入る瓜作り

聞もつけぬ名は呼びにくき水草かな

流れ流れ萍の花のさかり哉

来る秋を帆にふくんだはどこ船ぞ

山を出て海にもつかずけふの月

秋風やことし生れの子にも吹

宵月夜よき星合の定なり

栗の日や椎ももみぢものりこへつ

春日野に釈迦の案山子は笑止なり

掘らねども山に薬のひかり哉

摂待の茶碗ぬす人泪かな

なつかしや送火にさそふ風の色

猪は季をこそ持ね冷じき

行水も日まぜになりぬ虫の声

身は老ぬ指吃れたるきりぎりす

かまきりや野分さかふてとりどりに

芋虫や半分蝶に成かかり

芦の穂や一番船の綿もよひ

芭蕉 素堂 其角 嵐雪 去来 丈草 凡兆 史邦 杉風 荷兮 曾良 路通 越人 土芳 野坡 支考 許六 浪化 惟然 北枝 涼菟 千代女 也有 太祇 蕪村 暁台 几董 召波 白雄 青蘿 一茶
俳句 春の季語 夏の季語 秋の季語 冬の季語 短歌 歌枕
古事記の中の和歌 懐風藻 万葉集 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
和歌と俳句