和歌と俳句

種田山頭火

前のページ< >次のページ

沈み行く夜の底へ底へ時雨落つ

櫨の赤さ土手行く人は寒う消えたり

墓場隅の小さき墓の櫨紅葉かな

雪空ゆるがしてらが白みゆく海へ

児らは火燵に数よみて暮れそめし部屋に

大根刻む音淋し今日も暮れけるよ

湖は半面冬日照る和やかな波

唄さびしき隣室よ青き壁隔つ

火燵火もなしわが室は洞のごと沈めり

林檎かぢる児に冬日影あたたけれ

毬は少女の手を外れて時雨沁む砂へ

厳めしく門立てり落葉ふりやまず

空の青さよ栴檀の実はしづかに垂れて

菜屑寒き溜り水今日も夕映えぬ

汽車とどろけば鴉散る銀杏真裸なり

水仙ほのと藪凪げる真昼歩くとり

はやまずよ雪蹴りて行く人々に

火の番またも鳴らし来ぬ恋猫の月

濃き煙残して汽車はの果てへ吸はれぬ

おびえ泣く児が泣寝入る戸外はしぐるる

障子の明るさ干足袋の濃き影が揺れつつ

夕日そそげり崖ずりの真白きに

牡丹蕾みけらば小雨しみじみそそぐなり

春夜寒し囚徒囲みて物いはぬ人々

寝足りし朝よ谷の啼きたえず