和歌と俳句

芥川龍之介

老骨をばさと包むや革羽織

むだ話火事の半鐘に消されけり

短日やかすかに光る皿の蝦蛄

山鳴りに揺り出されてや赤蕪

柚落ちて明るき土や夕時雨

榾焚けば榾に木の葉や山暮るる

山の月冴えて落葉の匂かな

時雨るるや軒に日残る干し大根

埋火の仄に赤しわが心

時雨るるや灯りそめたるアアク燈

天暗し一本杉や凍てて鳴る

門内の敷石長き寒さかな

枯藪に風あり炭火起す家

風落ちて枯藪高し冬日影

人絶えし昼や土橋の草枯るる

雲遅し枯木の宿の照り曇り

冬空や高きにはたきかくる音

牛込に春陽堂や暑き冬

沢岬の昼や静に草枯るる

凍て杉に声ある夕の谷間かな

空低し一本杉や凍てて鳴る

竹切れば寒き朝日や竹の中

飛び石は斜めに芝は枯れにけり

風すぢの雪吹きあぐる夜みちかな

山峡に竹むら低し風や疾き