和歌と俳句

水原秋櫻子

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

牧草の丈なすままにほととぎす

古町のとある籬の牡丹かな

蟻の道白雲木の花降れり

萱わけて馬の来てをる かな

山魚釣晩涼の光を焚きゐたり

晩涼や湖舟がよぎる山の影

古るままに葛がくれなり岩魚小屋

葛の葉を一蔓かけぬ岩魚籠

花葛の雨に立ち濡れ岩魚釣

懸崖や蟹さばしりて道通ず

入梅や蝿のとりつく花葵

桑剪るや梅雨一望の沼景色

屋根石に嶺に梅雨雲おりたるよ

追風にまろびて涼し沖津波

夏帽の日を照り返す渚かな

夏帽に照りて真白き雲ばかり

葭切や商船学校前の葭

避暑客に日落ちて富士の現れし

避暑客に月輪浪を離れけり

まつはりて美しき藻や海水着

泡浪を蹴立て上りぬ海水着

浪乗に昼餉そこそこ行きし子よ

百合赤しなま乾きなる海水着

蜑が戸に高潮ふけぬ夜光虫

浪騒ぐ礁の見ゆれ夜光虫