和歌と俳句

篠原鳳作

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

春月を仰げる人の懐手

春月や道のほとりの葱坊主

蛍火のついと離れし葉末哉

麦笛を鳴らし来る児に道問はん

麦笛を馬柵に凭れて吹きにけり

蕗の葉を傾けてゐる蜥蜴哉

麦の穂を挿しある銀の花瓶かな

花棕梠や園丁つとに夏帽子

蜘蛛の陣露をくさりて大たるみ

熔岩山に梟鳴ける良夜哉

傘焼く火岸の人垣照しけり

城山や篠ふみ分けて苺採り

神の川流れ来りし捨蠶かな

たまたまの昼寝も襷かけしまま

日を並めて傘やく台場築きけり

傘焼や音頭取りの赤ふどし

傘火消ゆ闇にもどりし櫻島

破れ傘さし開きてはくべにけり

霰すと父に障子をあけ申す

燕の巣覗きて菖蒲ふきにけり