和歌と俳句

篠原鳳作

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

稲刈に花火とんとんあがりけり

一時雨一時雨虹はなやかに

夕山や木の根岩根の願狐

かかへゆく凧にこたへて桜島颪

水仙やみたらしの水流れくる

しぐるるや畝傍は虹をかかげつつ

時雨るると椎の葉越に仰ぎけり

燕や朱ケの楼門くだつまま

夕刊を売る童とありぬ慈善鍋

藁塚にあづけ煙草や畑打

万葉の薩摩の瀬戸や鮑採り

落葉掃く音たえければ暮れにけり

大兵におはしますなる寝釈迦哉

豊かなる乳見え給ふ寝釈迦哉

麗はしの朱ケのしとねの寝釈迦哉

涅槃像双樹の花のこぼれたれ

くまもなき望の光の寝釈迦哉

探梅行裏御門より許さるる

正月も常のはだしや琉球女

春泥やうちかけ着たる琉球女