和歌と俳句

百合

門さきにうつむきあふや百合の花 子規

うつむいて何を思案の百合の花 子規

亭寂寞薊鬼百合なんど咲く 漱石

晶子
百合の花 わざと魔の手に 折らせおきて 拾ひてだかむ 神のこころか

畑もあり百合など咲いて島ゆたか 子規

晶子
手に袖に裾ににほへの夏のうた椽の小百合に宵ふけらせよ

晶子
あめつちの恋は御歌にかたどられ完たかるべくさゆり花さく


さゆりばな我にみせむと野老蔓からみしま ゝに折りてもち來し


白埴の瓶によそひて活けまくはみじかく折りし山百合の花

草山やこの面かの面の百合の花 虚子


炭竈の灰篩ひ居れば竹やぶに花ほの白しなるこ百合ならむ

晶子
雲のぼる 西の方かな 雨あがり 赤城平は 百合白うして

晶子
青原の野風の中に深山よりこし香まじりぬ白百合の花

白秋
すつきりと筑前博多の帯をしめ忍び来し夜の白ゆりの花

芝平ら湖に住む家の百合燃えて 碧梧桐

藁屋根に百合の花咲く小家かな 龍之介

百合折るや下山の袖に月白き 蛇笏

晶子
百合の花青みて咲けばわが心ほのかに染みぬものの哀れに