和歌と俳句

山口誓子

踊り子や除夜の淑女を眼に愉む

踊りつつ異国の旗の下の除夜

除夜たのしワルツに青きひかりさす

踊り子も冷たきものを飲める除夜

ジヤズバンドはしやぎて除夜も深まれる

踊り子の顔つくろへり年ゆけり

歓楽のジヤズに年去り年来たる

外廊の燈消されけり年果つる

歓楽のジャズに年去り年来たる

新婚暖炉は壁に燃ゆるなり

ははびとの暖炉くべます新婚

新婚暖炉がこぼす美き火屑

新婚高麗の壺炉の棚に

海は入渠の船のうすき煙

起重機の手挙げて立てり海は春

春潮に海女の足掻きの見えずなる

卒業のオルガンなれるかの病舎

卒業の日の病棟に在る患者

卒業のうすきけはひをけふはしたり

卒業の看護婦人の子を抱くも

湖に飯盒漬けてキヤムプあり

キヤムプ寝て高嶺の雲は海となる

扇風機真白し船の客となる

夏暁のなほ白燈の船あはれ

朝焼や太き煙突汽笛ならす

朝焼に通風筒は並立てる

日覆より午後三点の鐘なれり

艫に張る一枚日覆艫をかくす