和歌と俳句

雛祭

かくれ家をかいま見すれば雛飾る 虚子

雛かざるなかに髪結来りけり 万太郎

初ひひなみにゆく桃をかひにけり 万太郎

かんばせの哀れに若し古雛 淡路女

口紅の濃からぬ程に男雛かな 淡路女

薄闇のにほやかなりし雛かな 草城

雛の眉目わらひたまふとにもあらず 草城

あめりかのかりふおるにやのひなまつり 草城

里方の葵の紋や雛の幕 虚子

雛の節雲ひかひかとゆきにけり 亞浪

いと好む雛の前にいくたびも 風生

むらさきに暮るゝ障子や雛の宿 淡路女

雛の幕柳も花もくれなゐに 青邨

笛吹けるおとがひほそき雛かな 鳳作

父の画に母の賛あり初雛 みどり女

草庵ににはかの客や貝雛 みどり女

在原雛の調度の料紙硯箱 淡路女

文筆を愛す机に貝雛 淡路女

貝雛やまこと妹背の二人きり 淡路女

青丹よし奈良の土産の木彫雛 淡路女

雛飾る暇はあれども移るべく 汀女

雛の顔鼻無きがごとつるつると 虚子

納め雛草のしとねに影長く みどり女

煎つてゐる雛のあられの花咲きつ 虚子

雛の軸睫毛向けあひ妻子眠る 草田男

高雛の初々しくぞゐたまひし 青畝

厨房に貝があるくよ雛祭 不死男

老妻の飾りし雛を見てやりぬ 風生

水にふる雪より濃ゆき雛かな 耕衣

大きくて堅き雛の袂かな 青畝

あたゝかき雨夜の雛を納めけり 麦南

現身の黒髪にほふ雛の前 麦南

綿々とをみなの情や雛納め 麦南

玉垣に照り添ふ浪や雛納め 静塔

燭据うる吾に触れたまふ雛かな 青畝

草の戸の能役者たる雛かな 青畝

わが膝に立ちたまふなれ納雛 青畝

肌白く褪せつつ永久に二た雛 草田男

水鳥の今日ひろひたる雛あられ 汀女

雛納め雛のあられも色褪せて 虚子

好もしく低き机や雛の間 虚子

雛祭顔を洗ひし眉のみだれ 草田男

雛仕舞ふ朝を雪吹く廂かな 亞浪

古雛をみなの道ぞいつくしき 多佳子

道端の窓の雛も四日かな たかし

男の雛の黛暈をもちたまふ 夜半

老いてこそなほなつかしや雛飾る 

雛の日や海はかたぶき砂に沁み 耕衣