和歌と俳句

遅桜

遅桜極楽水と申しけり 龍之介

遅桜卵を破れば腐り居る 龍之介

草庵や生けあるものにおそざくら 禅寺洞

遅桜なほもたづねて奥の宮 虚子

一もとの姥子の宿の遅ざくら 風生

人居りて堤のはての遅桜 青邨

厄祭り浦々かけて遅櫻 普羅

神山や風呂たく煙に遅ざくら 蛇笏

遅桜苗代つくり来て憩ふ 楸邨

雲霧にこずゑは見えず遅ざくら 蛇笏

縁先に見えていとしも遅ざくら 万太郎

遅ざくらうつつに色の褪せしかな 万太郎

境内を大峰道や遅ざくら 爽雨

乾きつゝ床几の雨や遅ざくら 爽雨

遅ざくら残鴨瀞にただよへる 麦南

道中の桟敷貫ぬく遅ざくら 静塔

構内の一角夜業おそ櫻 汀女

浅間なる幾沢かけて遅桜 普羅

鎌倉は光明寺遅ざくらかな 万太郎

翠黛をながむる犬に遅櫻 蛇笏

翠黛に雲もあらせず遅ざくら 蛇笏

三の輪なり浄閑寺なり遅ざくら 万太郎

世に生きて青葉隠れの遅桜 虚子

都の空をたまの群鴉やおそざくら 草田男

奥まるも川狭まらず遅ざくら 悌二郎

苔敷きて元伊勢宮の遅桜 林火

遅ざくら咲き覆ふやわが句碑のうへ 悌二郎

本宮へ行く道とあり遅櫻 立子

着かさねて箱根を下山遅さくら 爽雨

山樵の休み小屋あり遅櫻 林火