和歌と俳句

久保田万太郎

10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22

はつ冬や萬年青の銘の翁丸

宵酉のふぜいの雨となりにけり

引つ越して来て雨ばかり石蕗の花

煮大根を煮かへす孤独地獄かな

大根つみし馬に逢ひたるだけの道

水引のうまくむすべて小春かな

越して来てみつけしものや返り花

落葉風しきりにおこる日なりけり

人ごゑを風ふきちぎる焚火かな

冬紅葉あらぬかたより日のさせる

水奔りゆくかげくらし冬紅葉

すべては去りぬしぐるゝ芝生みて眠る

短日のひかりのなかや浮御堂

一ごみにちらと影みし日短き

冬の虹湖の底へと退りけり

義仲寺のむかしのゆめの冬田かな

池寒く主いまなし無名庵

飛石の一つ一つの寒さかな

湖の蘆眠るがごとく枯れにけり

一生のきまる縁ぞとも笹鳴ける

蘭の香をめぐるあはれや冬の蠅

冬の蠅をりから火だねたえてゐて

返事してすぐには立たず毛糸編む

この橋もことしかぎりの師走かな

坂本の里の蕎麦屋の師走かな