和歌と俳句

高浜虚子

前のページ< >次のページ

草市ややがて行くべき道の露

谷に下りて先師の墓に参りけり

しづかなる此山蔭や墓詣り

墓参り先祖の墓の小ささよ

暁に消ゆる変化と踊りけり

踊りうた我世の事ぞうたはるる

手をひいて踊りの庭に走りけり

わぎも子が踊の髪の結ひはえぬ

新涼の驚き貌に来りけり

新涼のに蘇りたる草廬かな

いつ迄も紺朝顔の鄙にあり

仲秋の其一峰は愛宕かな

仲秋や峰の寺より歌だより

仲秋をつつむ一句の主かな

國に聞く人語新し野分

とぶ音杼に似て低きかな

藁寺に緑一團の芭蕉かな

初潮に突出し岩の神事かな

峻峰のいただきにの小ささよ

芋の味忘れし故に参りたり

芋を掘る手をそのままに上京す

冷かや湯治九旬の峯の月

勝ちほこる心のひびや秋の風

生涯に二度ある悔や秋の風

秋風に又来りけり法隆寺

政を聴いて夜食す柚味噌かな

宰相を訪ふ俳諧の柚味噌かな

鹿を聞く三千院の後架かな