和歌と俳句

後藤夜半

節分の町へさしたる窓あかり

蘆分けの舳に立てる猟の犬

狐火に河内の國のくらさかな

凍鶴やけぶりの空をかづきたる

桜炭ほのぼのとあり夕霧忌

あそびめの膝をあてがふ火桶かな

あをあをと羽子板市の矢来かな

羽子板の写楽うつしや我も欲し

狐火のひとつになりて失せにけり

探梅のこころもとなき人数かな

柊をさしたるままに這入りけり

あたらしき煤の箒をあてにけり

柊の葉のさはりつつ挿しにけり

帰り咲くところの枝をまじへたる

鳰二つ対ひあひゐてなくなりぬ

水べりに嵐山きて眠りたり

小さなる鷹とはつきり今は見ゆ

いただきの現るるより冬木かな

はじめより掃かでありたる散紅葉

揚りたる千鳥に波の置きにけり

波の間の広きところの友千鳥

波がしらなほ越えきたる千鳥かな

すぎゆきし猟夫の道の懸るのみ