和歌と俳句

新勅撰和歌集

後堀河院御製
あらたまの としもかはらで たつはるは かすみばかりぞ そらにしりける

皇太后宮大夫俊成
あまのとの あくるけしきも しづかにて くもゐよりこそ はるはたちけれ

紀貫之
けふしもあれ みゆきしふれば 草も木も はるてふなべに はなぞさきける

よみ人しらず
ふゆすぎて はるはきぬらし あさひさす かすがのやまに かすみたなびく

よみ人しらず
ひさかたの あまのかぐやま このゆふべ かすみたなびく はるたつらしも

京極前関白家肥後
いつしかと けふふりそむる はるさめに いろづきわたる のべのわかくさ

大中臣能宣朝臣
わがやどの かきねのくさの あさみどり ふるはるさめぞ いろはそめける

貫之
とふ人も なきやどなれど くるはるは やへむぐらにも さはらざりけり

權中納言師俊
うぐひすの なきつるなべに わがやどの かきねのゆきは むらぎえにけり

源俊頼朝臣
はるぞとは かすみにしるし うぐひすは 花のありかを そことつげなむ

待賢門院堀河
しもがれは あらはに見えし あしのやの こやのへだては かすみなりけり

前参議親隆
松嶋や 雄島が埼の ゆふがすみ たなびきわたせ あまのたくなは

皇太后宮大夫俊成
あさどあけて ふしみのさとに ながむれば かすみにむせぶ うぢのかはなみ

覚延法師
すみよしの 松のあらしも かすむなり とをざとをのの はるのあけぼの

源師光
山の端も そらもひとつに 見ゆるかな これやかすめる はるのあけぼの

式子内親王
にほのうみや かすみのをちに こぐふねの まほにもはるの けしきなるかな

八條院六條
月ならで ながむるものは やまのはに よこ雲わたる はるのあけぼの

曾禰好忠
さほひめの おもかげさらず おるはたの かすみたちきる はるののべかな

曾禰好忠
このめはる はるのやまべを きてみれば 霞のころも たたぬひぞなき

曾禰好忠
まきもくの あなしのひばら はるくれば はなかゆきかと 見ゆるゆふしで