和歌と俳句

西東三鬼

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

腰叩く刈田の農夫誰かの父

木枯や昼の鶏鳴吹き倒され

黙契の雄牛と我を霰打つ

満天に不幸きらめく降誕祭

冬河の岸に日を焚き踊る影

角砂糖前歯でかじる枯野の前

生き馬のゆくに従い枯野うごく

霜柱兄の欠けたる地に光る

寒巌に師の咳一度二度ひびく

荒れし谷底光りて寒の水流る

傍観す女手に鏡餅割るを

杖上げて枯野の雲を縦に裂く

姿なく寒明けの地を駈け過ぎし

病む顔の前の硝子に雪張りつく

湿地帯寒のサイレン尾を曳きずる

船組むや大寒の沖細明り

白息を交互に吐きて鉄板打つ

造船所寒燈も酸素の火も裸

紙の桜黒人悲歌は地に沈む

新燕に脳天と鍬今年も光る

死の灰や砂噴き上げて春の泉

桜冷え看護婦白衣脱ぎて病む

土団子病孤児の冬永かりし

向日葵播き雲の上なる日を探す

ゆるやかに確かに雲と麦伸びる