和歌と俳句

原 石鼎

1 2 3 4 5 6

芯の赤見えずなりたるかゝり羽子

霜つよき芝生を構へ松の内

草庵や屠蘇の盃一揃

折蝶の髭の見事や屠蘇一器

萬歳の戸口を明けて這入りけり

初凪の空の光りを芝生より

初凪の潮の干満にくれにけり

遣羽子や下駄の歯高く夕べ出て

元日やをりをり騒ぐ風の音

ゆめもなく覚めたる軒の初日かな

初御空尊きまでにうち晴れて

入口の枯木に立つや山始

大枯木枝卸しある今年かな

天地をいたはりみるや去年今年

枯れ乾く尾花なほある初日かな

初凪や人出でて居る午さがり

注連の明け句会の蜜柑美しき

縢終へん糸一すぢにころげ

ころげ毬みつめぬとまるところまで

もろもろの小鳥来る日や縁に羽子

新しき家に句会や三ヶ日

松過ぎていまだ出でみぬ戸口かな

松過ぎやかんらかんらと霜の道

松過ぎの買物とどく玄関かな

松過ぎの晴れきはまりて凧一つ