和歌と俳句

原 石鼎

1 2 3 4 5 6

元朝や枇杷を潜りて牛を飼ふ

元日や庭にさかりの枇杷の花

初富士を松原越の家路かな

初富士のくろずみそめて暮れにけり

切火とはかんさびごとや初竃

たきぼこりふはふはとして初竈

具の生海苔御酒にとろりと雑煮かな

箸袋かたへに置きて雑煮かな

数の子と煮豆と皿にとりにけり

数の子や藍濃き鉢に盛り高め

衣紋着し客と鴛鴦飼ふ二日かな

柚の色の一霜づつや初日影

古家や枸橘よりぞ初日影

茶の花の畑の日向や年始客

その中の緑の船や松飾

蒼海や揚船みんな松立てて

新馬尾藻塩ふきたつる鏡餅

遣羽子や午下の温泉宿の長廊下

梅の木と梅の木の間羽子をつく

萬歳の笑みをつくりて舞ひそめぬ

紺絣着て若才蔵たくみなる

瑠璃鶲日ねもす間鳴く二日かな

晴れながら深山颪や三ヶ日

三ヶ日どつと来あそぶ深山鳥

枯枝に日かへし闌けて三ケ日