和歌と俳句

夏帯

どかと解く夏帯に句を書けとこそ 虚子

夏帯の細きをしめて我が家かな 淡路女

夏の帯広葉のひまに映り過ぐ 久女

夏の帯翡翠にとめし鏡去る 久女

夏帯やはるばる葬に間に合わず 久女

夏帯をうすくたゝみて泊りけり かな女

夏帯に彼の鵜篝を描きたり 夜半

夏帯に折りてしまひしはがきかな 万太郎

渓音に夏帯結びこらへけり かな女

夏帯やわが娘きびしく育てつつ 汀女

きゆうきゆうと鳴る夏帯に気をとられ 立子

夏帯のきしむを気にしゐるらしく 立子

籐椅子に懸けて乾し居り夏の帯 石鼎

夏帯やつくつもりなきうそをつき 万太郎

夏帯ほのと裏の明るき漁夫の家 不死男