夢惑う世界 雑記帳
夢惑う世界4.1 随想録<澪標>
 企業の中での、残業”0”は、管理職と大きな軋轢を生むことになった。私の信条を変えるに到るような考えに出会うことはなく、有り触れた企業論理の枠を超えることはなかったのです。
 このような軋轢の中で、人生について、企業について、社会について等々考えてきました。そして、今でも考え続けています。考えることは、生きている証です。
 私の考えが、正しいとは限りませんし、もし正しいとしても唯一無二とは限りません。数ある考えの中の一つとして、読んでいただけでば幸いです。
 澪標は、この随想録を読んで、あなたもいろいろ考え続けるようになり、人生の澪標を見つかればいいのだがと思っています。

4.1.1 考房

 考房では、主に自然、人生や社会の種々について考えたことを記載します。考房とは、考える工房のことです。

4.1.1.1  考える

4.1.1.2  昆虫採集と命の大切さ


4.1.1.4  企業論理の呪縛

4.1.1.5  車社会

4.1.1.6  ポイ捨て

4.1.1.7  何故、そこまでして働くの

4.1.1.8  長時間労働がもたらすもの

4.1.1.9  家庭の恢復

4.1.1.10 病葉とならないために




4.1.1.14 競争社会


4.1.2 ちょっとひと言

 ちょっとひと言では、種々雑多な事柄が登場します。エッセーやら社会や企業への苦言(暫くは、会社や労働について考えたことが多いでしょう)など様々です。考房と差がないかも知れませんが、少し気楽な気持ちで書いてますので肩の力を抜いてお読み下さい。

4.1.2.1  北海道にて

4.1.2.2  虹の向こう

4.1.2.3  企業論理と心の豊かさ

4.1.2.4  企業論理を超えて

4.1.2.5  緑の大地と青い空

4.1.2.6  心のグラデーション

4.1.2.7  青息吐息、虫の息

4.1.2.8  気ままにひと言 New!

4.1.2.9  気まぐれ昆虫記


4.1.2.11 想い出の昆虫記

4.1.2.12 この一枚

4.1.2.13 迷チョウ昆虫記

Copyright (C) 2001-2015 森みつぐ    /// 更新:2014年9月7日 ///