和歌と俳句

万葉集

巻第一

   大宝元年辛丑秋九月 太上天皇幸于紀伊国幸時歌

大宝元年九月に、太上天皇、紀伊の国に幸す時の歌

巨勢山乃列〃椿都良〃〃尓見乍思奈 許湍乃春野乎
    右一首 坂門人足

巨勢山のつらつら椿つらつらに見つつ偲はな巨勢の春野を

朝毛吉木人乏母亦打山行来跡見良武樹人友師母 
    右一首 調首淡海

あさもよし紀伊人羨しも真土山行き来と見らみ紀伊人羨しも

   或本歌 
河上乃列〃椿都良〃〃尓雖見安可受巨勢能春野者 
    右一首 春日蔵首老

川の上のつらつら椿つらつらに見れども飽かず巨勢の春野は

<< 戻る | 次へ >>

額田王 鏡王女 志貴皇子 湯原王 弓削皇子 大伯皇女 大津皇子 人麻呂歌集 人麻呂 黒人 金村 旅人 大伴坂上郎女 憶良 赤人 高橋虫麻呂 笠郎女 家持 古歌集 古集 万葉集東歌 万葉集防人歌
古事記の中の和歌 懐風藻 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
短歌 歌枕 俳句 春の季語 夏の季語 秋の季語 冬の季語
和歌と俳句