和歌と俳句

万葉集

巻第一

   二年壬寅 太上天皇幸于参河国時歌

二年壬寅に、太上天皇、三河の国に幸す時の歌

引馬野尓仁保布榛原入乱衣尓保奈波勢多鼻能知師尓
    右一首 長忌寸意吉麻呂

引馬野ににほふ榛原入り乱れ衣にほほせ旅のしるしに

何所尓可船泊為良武安礼乃崎榜多味行之棚無小舟
    右一首 高市連黒人

いづくにか舟泊てすらむ安礼の崎漕ぎ廻み行きし棚なし小舟

   誉謝女王作歌 
流経妻吹風之寒夜尓吾勢能君者独香宿良武

流らふるつま吹く風の寒き夜に我が背の君はひとりか寝らむ

   長皇子御歌
暮相而朝面無美隠尓加氣長妹之廬利為里計武

宵に逢ひて朝面なみ名張にか日長く妹が廬りせりけむ

   舎人娘子従駕作歌
大夫之得物矢手插立向射流円方波見尓清潔之

ますらをのさつ矢手挟み立ち向ひ射る円方は見るにさやけし

<< 次へ | 戻る >>

額田王 鏡王女 志貴皇子 湯原王 弓削皇子 大伯皇女 大津皇子 人麻呂歌集 人麻呂 黒人 金村 旅人 大伴坂上郎女 憶良 赤人 高橋虫麻呂 笠郎女 家持 古歌集 古集 万葉集東歌 万葉集防人歌
古事記の中の和歌 懐風藻 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
短歌 歌枕 俳句 春の季語 夏の季語 秋の季語 冬の季語
和歌と俳句