和歌と俳句

万葉集

巻第一

   三野連入唐時 春日蔵首老作歌 
在根良対馬乃渡渡中尓幣取向而早還許年

   三野連、唐に入る時に、春日蔵首老が作る歌
在り嶺よし対馬の渡り海中に幣取り向けて早帰り来ね

   山上臣憶良在大唐時 憶本郷作歌 
去来子等早日本辺大伴乃御津乃浜松待戀奴良武

   山上臣憶良、大唐に在る時に、本郷を憶ひて作る歌 
いざ子ども早く日本へ大伴の御津の浜松待ち恋ひぬらむ

   慶雲三年丙午 幸于難波宮時

   慶雲三年丙午に、難波の宮に幸す時

   志貴皇子御作歌 
葦邊行鴨之羽我比尓霜零而寒暮夕倭之所念

葦辺行く鴨の羽がひに霜降りて寒き夕は大和し思ほゆ

   長皇子御歌 
霰打安良礼松原住吉乃弟日娘与見礼常不飽香聞

霰打つ安良礼松原住吉の弟日娘と見れど飽かぬかも

 << 戻る | 次へ >>

額田王 鏡王女 志貴皇子 湯原王 弓削皇子 大伯皇女 大津皇子 人麻呂歌集 人麻呂 黒人 金村 旅人 大伴坂上郎女 憶良 赤人 高橋虫麻呂 笠郎女 家持 古歌集 古集 万葉集東歌 万葉集防人歌
古事記の中の和歌 懐風藻 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
短歌 歌枕 俳句 春の季語 夏の季語 秋の季語 冬の季語
和歌と俳句