和歌と俳句

万葉集

巻第一

   太上天皇幸于難波宮時歌

   太上天皇 難波の宮に幸す時の歌

大伴乃高師能濱乃松之根乎枕宿杼家之所偲由 
    右一首置始東人

大伴の高石の濱の松が根を枕き寝れど家し偲はゆ

旅尓之而物戀之伎尓鶴之鴨毛不所聞有世者孤悲而死萬思  
    右一首高安大嶋

旅にしてもの恋しきに鶴が音も聞こえずありせば恋ひて死なまし

大伴乃美津能濱尓有忘貝家尓有妹乎忘而念哉  
    右一首身人部王

大伴の御津の濱にある忘れ貝家にある妹を忘れて思へや

草枕客去君跡知麻世婆岸之埴布尓仁實播散麻思呼  
    右一首清江娘子進長皇子

草枕旅行く君と知らませば岸の埴生ににほはさましを
  右の一首は清江娘子 長皇子にたてまつる

   太上天皇幸于吉野宮時高市連黒人作歌  
倭尓者鳴而歟来良武呼皃鳥象乃中山呼曾越奈流

   太上天皇、吉野の宮に幸す時に、高市連黒人が作る歌
大和には鳴きてか来らむ呼子鳥象の中山呼びぞ越ゆなる

 << 戻る | 次へ >>

額田王 鏡王女 志貴皇子 湯原王 弓削皇子 大伯皇女 大津皇子 人麻呂歌集 人麻呂 黒人 金村 旅人 大伴坂上郎女 憶良 赤人 高橋虫麻呂 笠郎女 家持 古歌集 古集 万葉集東歌 万葉集防人歌
古事記の中の和歌 懐風藻 伊勢物語 古今集 後撰集 拾遺集 源氏物語の中の短歌 後拾遺集 金葉集 詞花集 千載集 新古今集 新勅撰集 おくのほそ道 野ざらし紀行 鹿島詣
短歌 歌枕 俳句 春の季語 夏の季語 秋の季語 冬の季語
和歌と俳句